マスメディア

物流ウィークリー 03/14 クルーザーや小型漁船を陸送 提案型サービスをめざす

【岡山】三原運送有限会社クルーザーや小型漁船を陸送提案型サービスめざす 船舶の買い取り事業を手掛ける国内企業と提携し、クルーザーや小型漁船の陸送部門を担ってきた三原運送有限会社(岡山県笠岡市)。年間に40隻ほどを運んでいるが、最近は昨年12月に熊本で開催されたレ

マスメディア

物流ウィークリー 2021/08/09 第11回プラスα 働きやすさの条件

第11回プラスα 働きやすさの条件【岡山】「この時期は特に熱中症の対策。常に凍らせたポカリスエットを準備しており、積み込みに出かける際には塩あめと一緒に持っていくように指示している」と熊谷久郎氏(三原運送有限会社 社長、笠岡市)。予備軍の1台を除き、20台の車両に乗務す

マスメディア

「えぇもん」笠岡 車でPR 運送会社が「プチ・ラッピング」

  日本遺産の笠岡諸島(笠岡市)をPRするラッピングトラックを走らせている笠岡市の三原運送が、「えぇもん かさおか」と岡山弁を車体に表示して笠岡を宣伝する「プチ・ラッピングトラック」の運行も始めた。 4トントラックの荷台後部の左右側面に縦40センチ、横145センチの大き

マスメディア

山陽新聞 2021/04/13 「かさおかブランド」PR 三原運送有限会社 ラッピングトラック運行

「かさおかブランド」PR三原運送有限会社 ラッピングトラック運行 笠岡市有田の三原運送が、市の魅力ある食べ物や風景などを認定する「かさおかブランド」をPRするラッピングトラックを走らせている。 トラックは4トン車1台。両側面に縦40センチ、横145センチ

マスメディア

三原運送、6G関連の荷動き活発 「人材確保」重要課題

  【岡山】三原運送(熊谷久郎社長、岡山県笠岡市)では、新型コロナウイルス禍による荷動き低迷から一転、トラックの稼働率が上がり始めた。また、2020年5月に本社隣接地に稼働させた倉庫(平屋建て、床面積492平方㍍)もフル稼働の状況。同社は今年、Gマーク(安全性優良事業所認定)を

マスメディア

中国新聞 2020/11/18 ひとコト 笠岡 トラック日本遺産PR

 「コロナ禍で閉塞感が漂う中、ラッピングトラックで明るい話題を提供したかった」と訴えるのは、三原運送(笠岡市)の熊谷久郎社長。新型コロナウィルスが感染拡大する中、同社が所有する13トントラックのコンテナ側面と後ろの面に、日本遺産の笠岡諸島をPRする写真を貼った。 写真で

マスメディア

物流ニッポン-2020/10/06 笠岡諸島の魅力発信

【岡山】三原運送(熊谷久郎社長、岡山県笠岡市)は、日本遺産の認定を受けた備讃諸島のうち笠岡諸島を車体にデザインしたラッピングトラックを導入した。9月26日には小林嘉文笠岡市長、熊谷社長らが出席して同市役所で出発式が開かれた。 岡山、香川の両県の間の瀬戸内海に広がる備讃諸

マスメディア

物流ウィークリー 2020/10/05 日本遺産の宣伝カー 三原運送 笠岡市役所で出発式

 【岡山】笠岡市役所で9月26日にラッピングトラックの出発式が開かれ、市や同商議所の関係者ら約50人が参加した。香川県の丸亀市や小豆島、土庄町と共同で申請していた「知ってる!? 悠久の時が流れる石の島~海を越え、日本の礎を築いたせとうち讃岐諸島」と書かれたラッピング車は、同市に

マスメディア

中国新聞 2020/10/04 笠岡諸島走ってPR 運送会社がラッピング車両

 日本遺産の笠岡諸島(笠岡市)をPRする同市の運送会社によるラッピングトラックが、お目見えした。笠岡諸島の島々や同遺産の構成文化財などのカラー写真を、車両に搭載するコンテナボックスにデザインしている。トラックは名古屋から福岡まで走り、笠岡諸島の魅力発信にひと役買う。 ラ

マスメディア

山陽新聞 2020/10/02 「石の島」笠岡諸島PR 運送会社導入 ラッピングトラック出発

「石の島」として日本遺産に認定されている笠岡諸島をPRするラッピングトラックを、笠岡市の運送会社が導入し9月26日、運行を始めた。 来年、創業60周年を迎える三原運送(同市有田)の記念事業。新車(13トン)のコンテナ部分の両側面に上空から撮影した笠岡諸島、後部には北木島

マスメディア 三原運送からのお知らせ

『石の島』PRラッピングトラック出発式

日本遺産笠岡諸島『石の島』PRラッピングトラック出発式が2020年9月26日(土)笠岡市役所にて執り行われました。笠岡放送さん、山陽新聞さん、中國新聞さんをはじめとし多くのメディアの方々からも取材していただきました。各紙面に掲載していただいた記事もご覧ください。

マスメディア

物流ウィークリー 2020/09/21 高みをめざして 我が社のCI戦略 未来へはばたくシンボル

第28回【岡山】「名神高速を走るトラックの写真をカメラマンが2万枚ほど撮り、それを参考にしたと聞いた」と熊谷久郎氏(三原運送社長、笠岡市)。会社のロゴマーク制作を考え、実弟が営業マンとして働くデザイン会社に依頼したところ「運送会社(のマーク)を手掛けるのは初めてらしく、

マスメディア

物流ニッポン-2020/09/01 本社隣接地に倉庫 サービス付加価値高め

【岡山】三原運送(熊谷久郎社長、岡山県笠岡市)は本社の隣接地に倉庫を新設し、保管、管理、配送を一貫して行う体制を整備した。新型コロナウィルス感染拡大の影響で荷動きは全般的に鈍いが、ボート、クルーザーといった特殊な荷物の輸送は好調。サービスの付加価値を高めることでコロナ不況を乗り